節約掃除術の最近のブログ記事

頑固な水アカ、水じみ落としに大活躍!クエン酸の使い方

前回、油汚れ対策の掃除グッズとして、セスキ炭酸ソーダとプリン状せっけんを紹介しました。
前回の記事⇒洗浄力は重層の10倍!油汚れに強い2つの掃除グッズ

油汚れ、皮脂汚れにものすごい効果があるのですが、お風呂場やトイレの水アカ、水じみはまた別物。
これはアルカリの性質が落としてくれるものではないので、別のものが必要です。

そこで使いたいのがクエン酸ですね^^

セスキ炭酸ソーダ、プリン状せっけんと、このクエン酸を用意すれば、今まで困っていた汚れはほぼ落ちると思います!
12月18日(水)の「あさイチ」の、スーパー主婦直伝の掃除革命で紹介されていた使い方を紹介します。

洗浄力は重層の10倍!油汚れに強い2つの掃除グッズ

年末の掃除、一番大変なのは「油汚れ」ですよね^^;
換気扇などは何度洗ってもベタっとしたのが残ります。

そういうのが嫌で年末でも換気扇は掃除しない人、やってもある程度までで妥協している人も多いのではないでしょうか?

でも換気扇に油がたまり過ぎると、吸う力が弱まります。
換気力が弱まると、壁など意外な所に油がたまってしまい、余計に油汚れと戦わなければならないんですね><
そうなると、余計掃除道具を買わなければいけないですし、時間もかかって大変です。

そんな時は重曹を使うと良いのですが、重曹よりももっと強力で使いやすいものがあります。

それがセスキ炭酸ソーダです。
これは重曹に、アルカリ度が高い炭酸ソーダを加えたものです。

重曹は、アルカリ性の力を利用して油汚れを落としているのですが、セスキ炭酸ソーダはアルカリ度が重曹よりも高いんです^^

アルカリの力は、重曹の10倍とも言われています。
つまり、油汚れに対する洗浄力が10倍ということですね^^

そして使う場所によってはもう1つ、同じくアルカリ度が強いプリン状せっけんというものもあります。

12月18日(水)の「あさイチ」で、スーパー主婦直伝の掃除革命として、この2つの使い方が紹介されていました。

これでもう、油汚れ・皮脂汚れ対策はバッチリです^^

手間をかけずに家にある不用品をお金に変える処分術

引越しや衣替えのシーズン、心機一転で部屋を整理したくなります^^
でも、嫌になるのがいつの間にかいっぱいになっているクローゼット><

使わないものがクローゼットのこやしになっていることって、ありませんか?
こういうものは、勢いでどんどん処分するに限ります。
ちょっと前に断捨離や整理術が流行りましたね^^

でも不用品はそのまま捨てるのでは勿体ない!
リサイクルショップに持っていくと、お金に変わります^^
でも、自分でショップに持ち込むのが面倒だから、そこまでせずに捨てちゃう人もいると思います^^;

そんな人も利用したいのが宅配買取サービスです。
売りたいと思っているものを梱包して送るだけで、業者が査定・買取してくれるんです^^

宅配買取を利用することのメリットは、

  • 自分が好きな時間にできる
  • 売る判断は最終的に自分で決定

ということ。
宅配キットを送ってくれたり、送料、査定料無料のところも結構あるので、ぜひ考えたいですね^^
しかも、賢く利用すれば、家にいながらリサイクルショップに持っていくより高く買い取ってもらえます!

2013年3月27日のはなまるマーケットで、節約アドバイザーの矢野きくのさんが、宅配買取を利用した処分術を紹介していました。

自分らしい片付け方法がわかる利き脳の見つけ方

片付けって、実は節約に繋がります。
片付けができていない時って、結構無駄にお金を使っているものなんですよ><

例えば、

  • 同じものを買ってしまった・・・
  • 冷蔵庫に賞味期限が切れているものがスペースをとっていて、電気を多く使っていた・・・
  • 使わない服をクローゼットに眠らせていたら、他の服にもカビを移してしまった・・・

など、自分の気づかない所で無駄を発生させてしまいます。
たかが片付けですが、積もると大きな無駄になっているのにそれに気づかないものなんです^^;

そこで今回は、片付けが苦手な方向けに、こんな方法もあるよということで、2013年2月20日にはなまるマーケットで放送されていた利き脳片付け術というものを紹介します。

あくまで苦手な方へのヒントなので、片付けの得意な方は利き脳を気にしてやり方を変える必要はありません。そのままでOKです^^

収納に困ったら見直してみる4つのポイント

収納場所がなくて仕方なくダンボール箱に詰め込み部屋のすみへと積み上げてしまっている・・・
引越し先でうまく収納できず、ダンボール箱のまま放置・・・・。

そんなこんなで結局一部屋を物置にしてしまい、「開かずの部屋」状態にしてしまっている人が少なくないようです。(古堅純子さん談)
古堅純子さんの収納技

これはとっても残念こと!
ダンボールはほこりや湿気を吸ってしまいやすいし、
中身が見えないので収納的に最悪なもの!
(ゴキ○リさんは大好きなので寝床になる恐れも。。。)

そしてなんと言っても、この開かずの部屋を家賃計算すると、家庭によって違いますが
少なくとも1~2万円は毎月ムダにしてしまっていることに!これは本当にもったいないことですよね。

収納しきれない=ムダ

があるはず!
ってことで、もう一度見直すべき点や収納方法などを
幸せ住空間セラピストの古堅純子さんが紹介されていたのでまとめておこうと思います。

重曹とお酢を使った掃除で気をつけるべき、相性の悪い素材

前回、重曹とお酢を使った掃除の仕方を紹介しました。

前回記事:重曹とお酢を掃除に徹底活用!節約掃除術

重曹とお酢を使いこなせば、頑固な汚れも簡単に落ちるのでぜひ活用して欲しいのですが、気を付けておきたいこともあるんですね。

重曹やお酢のそれぞれの特徴が、素材を傷めてしまう場合があります。

残念ながら「とりあえず使っておけばOK♪」じゃないんですね^^;

重曹だけが使えない素材、お酢だけが使えない素材、
そして両方使えない素材もありますので、
それぞれで気をつけたい素材を紹介します。

重曹とお酢を掃除に徹底活用!節約掃除術

そろそろ年末の大掃除の時期ですね^^
それに伴って、便利そうな掃除道具がいっぱい出てきています。

東急ハンズでは、手軽で手肌に優しく、環境に配慮された商品が売れ筋のようです。

2010年大掃除で使えそうなお掃除グッズランキング | エコライフスタイル

また、銀イオンの力を活かした多目的洗剤鬼の洗剤や、
体も洗えるバイオ洗剤地球洗い隊といった洗剤も人気を集めているようですよ♪
確かに良さそうですね。

こういう掃除道具って環境に優しい上に便利で、
使えるなら使った方が良いと思いますが、
揃えるとお金がかかってしまいますね^^;

お金はかけたくないけど、洗剤を使ってゴシゴシ擦るのは、
大変な上に手も荒れてしまう・・・
そんな方は重曹お酢を使いましょう♪

重曹とお酢はpHの特性が全く正反対で、
重曹はアルカリ性、お酢は酸性に属します。

ホコリは中性ですが、擦らなければ落ちない汚れは
この2つのタイプのどちらかに属していますので、
重曹や酢、そして汚れの特徴を知れば、
色々な所に使えて簡単に汚れが落ちますので便利ですよ♪

このページの先頭へ