生クリームがあればOK!手作りバターの作り方

2014年12月 5日

今、バターが品薄で大変になっていますね^^;
酪農家が減ってきているのが大きいのそうなのですが、昨年の猛暑の影響など、他にも色々重なってのことのようです。

バターの原料は生乳なのですが、生乳を原料にしているのはバターだけではありません。
牛乳や生クリームやチーズも生乳を原料にしています。

その中で、国内で作られる生乳の半分は牛乳に使われます。
飲み物なので消費量が多いこともありますが、保存性がないのでどんどん作り続けなければならないからです。

その点、バターは保存が効きますし、量もそれほど使わないので、一番後回しになってしまうんです。

なので牛乳はあるのにバターは品薄なんです><

政府は緊急輸入などで頑張ろうとしていますが、円安がどんどん進む今、輸入ものが入ってきても高そうですね><

でも、実はバターって、自分でも作れるのです!
しかも材料は

乳脂肪分35%以上の生クリーム 200ml

だけ^^
乳脂肪分が高いほど量をとることができます。

その作り方が、11月21日放送のあさイチで紹介されていました。

まずは生クリームとハンドミキサーを用意して下さい。
ハンドミキサーがない方は、ペットボトルで作る方法も紹介しますので、そちらをご覧ください。

バターの作り方

  1. ボールに入れた生クリームを一番早い速度で泡立てます。

    混ぜることで脂肪分と水分が分離しますので、水分を取り除いた固形分がバターになります。
  2. 水分が出てきたら、飛び散らないようにボールごとビニール袋に入れて、その中で一番遅い速度で泡立てます。
    ハンドミキサーの羽根にバターが入ってくるぐらいねっとりするまで混ぜればOKです。

    ここまで、泡立てる時間は、全部で7分ほどです。
  3. 次に水きりですが、直接触るとバターが溶けてしまうので、ペーパータオルで包んでゴムベラで押して水分を出します。

    ペーパータオルを取り替えたりして水分を出しきりましょう。
  4. これでバターが完成です。

    ペットボトルを使ったバターの作り方

    次に、ハンドミキサーの代わりにペットボトルで作る方法ですが、違いは一つだけです。
    それは、ペットボトルに生クリームを入れたら、ひたすら振るということです^^;

    10分ほど振り続けたら固形物と水分の分離が進みますので、ペットボトルをハサミで切ってバターを取り出します。
    あとはペーパータオルとゴムベラで水分を出すのは同じです。

    腕が疲れると思いますが、途中で休憩しながらでも大丈夫!
    頑張りましょう^^;


    完成したてのバターはフワフワ♪
    コクがあってやわらかいんです^^

    お好みで塩を入れてもOKですし、レーズンやたらこ、シナモンシュガーなどを加えて楽しむこともできますよ♪

    注意点が一つあります。
    手作りのものなので、冷蔵保存をして、3~4日で消費した方が良いとのことでした。

    1回で作れる量は乳脂肪分によって変わるのですが、乳脂肪分が45%のもので、大体120gのバターがとれる感じですので、それを基準に調整すると良いですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリ:節約レシピその他 レシピ

コメントする




« 頑固な水アカ、水じみ落としに大活躍!クエン酸の使い方 | ホーム

このページの先頭へ