2013年12月アーカイブ

頑固な水アカ、水じみ落としに大活躍!クエン酸の使い方

前回、油汚れ対策の掃除グッズとして、セスキ炭酸ソーダとプリン状せっけんを紹介しました。
前回の記事⇒洗浄力は重層の10倍!油汚れに強い2つの掃除グッズ

油汚れ、皮脂汚れにものすごい効果があるのですが、お風呂場やトイレの水アカ、水じみはまた別物。
これはアルカリの性質が落としてくれるものではないので、別のものが必要です。

そこで使いたいのがクエン酸ですね^^

セスキ炭酸ソーダ、プリン状せっけんと、このクエン酸を用意すれば、今まで困っていた汚れはほぼ落ちると思います!
12月18日(水)の「あさイチ」の、スーパー主婦直伝の掃除革命で紹介されていた使い方を紹介します。

洗浄力は重層の10倍!油汚れに強い2つの掃除グッズ

年末の掃除、一番大変なのは「油汚れ」ですよね^^;
換気扇などは何度洗ってもベタっとしたのが残ります。

そういうのが嫌で年末でも換気扇は掃除しない人、やってもある程度までで妥協している人も多いのではないでしょうか?

でも換気扇に油がたまり過ぎると、吸う力が弱まります。
換気力が弱まると、壁など意外な所に油がたまってしまい、余計に油汚れと戦わなければならないんですね><
そうなると、余計掃除道具を買わなければいけないですし、時間もかかって大変です。

そんな時は重曹を使うと良いのですが、重曹よりももっと強力で使いやすいものがあります。

それがセスキ炭酸ソーダです。
これは重曹に、アルカリ度が高い炭酸ソーダを加えたものです。

重曹は、アルカリ性の力を利用して油汚れを落としているのですが、セスキ炭酸ソーダはアルカリ度が重曹よりも高いんです^^

アルカリの力は、重曹の10倍とも言われています。
つまり、油汚れに対する洗浄力が10倍ということですね^^

そして使う場所によってはもう1つ、同じくアルカリ度が強いプリン状せっけんというものもあります。

12月18日(水)の「あさイチ」で、スーパー主婦直伝の掃除革命として、この2つの使い方が紹介されていました。

これでもう、油汚れ・皮脂汚れ対策はバッチリです^^

このページの先頭へ